こぼれるような笑顔がにあうプリザーブドフラワー

 - by voadmin

花をもらって喜ばない人はいないといっても良いほど、幸せな気持ちにする花、しかも花粉アレルギーを起こさないとなればなおの事うれしさも倍増、それを可能にしたのがプリザーブドフラワーです。保存条件が良ければ、長期に渡って美しい花の鑑賞が可能であり、水やりの心配もないので装飾が簡単であり、目的や場所に合わせていろいろな用途が考えられます。弱点としては、加工に手間がかかるので価格が高いこと、紫外線に当たると色があせてくる、壊れやすいので取あつかいに細心の注意をすることが必要になりますので、これらのことを配慮していれば特に問題はありません。


<プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い>

プリザーブドフラワーとドライフラワーを混同する場合がありますが、前者一度花の樹液を抜き脱色した後、生花の時と同じ色鮮やかな瑞々しさを保つ状態に着色したもので、後者は生花を乾燥させて生花に近い状態に保つようにしたものです。ドライフラワーは壊れやすく、瑞々しさを出すことは加工上むずかしい。プリザーブドフラワーは、生花自身の持つ吸い上げる力で着色剤が浸透しているので、自然な色合いが出せ、生花とそん色のない新鮮な花を演出することができます。


<花の色を楽しめます>

プリザーブドフラワーは着色加工が施されるため、生花にないいろいろな色彩を楽しむことができます。それにより、目的や場所によっていろいろな演出が可能になることも魅力の一つです。