プリザーブドフラワーはお手入れも全く要らない

 - by voadmin

生花に比べてお手入れが全く要らないのがプリザーブドフラワーの長所です。プリザーブドフラワーは、形を維持できる期間が非常に長い上に、普通の花みたいにお手入れも全く必要としていません。保存しておくのに手間がかからないのです。


<普通の生花はお水をいれてあげないといけない>

普通の生花は、保存状態をなるべく長くするにはお水を定期的にやらないといけません。しかも、ほぼ毎日です。保存しておくのに手間が掛るのですね。それに対して、プリザーブドフラワーはお水をやらなくとも大丈夫なように加工されているのです。ですから、生花のように保存しておくのに全く手間が掛りませんし、楽に保存しておくことができます。


<保存場所をちょっと注意するだけで長持ち>

保存するのに注意すべき点が無いかと言うとそうでもありません。しかし、ちょっと注意しておくだけで後は放置しておいても大丈夫です。プリザーブドフラワーを保存する場合は、なるべく湿気が少なくそして紫外線の当たらない場所が最適です。湿気があると形が崩れてしまう可能性があり、さらに紫外線に当たってしまうと色落ちしてしまう事があるのです。ですが、この点だけを注意しておけば、通常なら1,2年はゆうに長持ちするので本当に日頃の手入れが要らないのです。