自分で作れるプリザーブドフラワーとコサージュ

 - by voadmin

華やかな式には、プリザーブドフラワーを用いたコサージュを着けて行くことで、鮮やかなアクセントとして重宝します。
入学式、卒業式、結婚式など、お祝いの式は、皆それぞれがおしゃれをして行くものです。
女性であれば、胸元にコサージュをつけている方をよく見かけるのではないでしょうか?
すらっとした正装に合わせて綺麗なアクセントがあると、人の見る目も変わるというものです。
そのアクセントが本物のお花だったら、さらに美しいと思いませんか?


-プリザーブドフラワーを用いたコサージュ-

プリザーブドフラワーは、よく近づいて見ないとわからないほど本物そっくりの造花です。
バラを始めとした生花を加工して作るプリザーブドフラワーのコサージュは、これまでの造花で作ったコサージュとは一線を画します。
お値段は3千円からと少し高めかもしれませんが、保存状態がよければ1~2年もの間その鮮やかさを保つのでそれほど高くないお買い物だと思います。


-自分で作れる-

特別な資格なども必要ないので、作り方を調べれば自分でプリザーブドフラワーを作ることだって出来ます。
ドライフラワーと違って、乾燥させる前に脱色と着色料を含む保存液をお花に吸い上げさせる必要があります。
その分、手間はかかりますが瑞々しい出来上がりになるので、見た目は生花となんら変わりはありません。