Month: 2月 2014

生花のようなブリザーブドフラワー

 - by voadmin

生花とブリザードフラワーの違いを見分ける事が出来る方はどれほど居るのでしょう?生花を加工して作っているブリザードフラワーは、本当に生花との違いがほとんどありません。だからこそ、思わず目を引かれるのだと思います。


-生花と組み合わせても引けを取らない-

造花やドライフラワーには出来ないけれどブリザードフラワーには出来る事はなんだと思いますか?それは、生花と組み合わせてブーケなどを作る事です。ツヤや柔らかさを持っているブリザードフラワーだからこそ生花と合わせても負けることなく美しいブーケが作れるのではないでしょうか?生花と合わせる事によって、新しい表情を見る事が出来ますしアレンジの幅も広げる事が出来ます。世界にたった一つの自分だけのブーケを作りたい方にもお勧めです。


-花の色を自由に変える-

可愛らしい見た目を持つブリザードフラワーは、生花に似ていますが生花よりも自由に出来るように感じます。というのも、染料を行うので自分好みの色に変える事が出来ますし、自然では再現できないような色に変える事も出来るのでメインの花を目立たせる事も簡単に出来ます。自然では存在しない色の花だけれど、見た目は生花そのものというのはとても面白いものだとは思いませんか?花の中に針金などを通しても枯れる事が無いので様々な形に変える事も可能となっています。

プリザーブドフラワーの魅力について知りたい!

 - by voadmin

今ではプリザーブドフラワーと言うものがありますが、皆さんはご存知でしょうか?
プリザーブドフラワーの魅力といえば永年保つことが出来る枯れないお花と言う所だと思います。
ですので、お花がお好きな方や贈り物に最適だと思いますので、興味のある方はぜひ検索してみて下さればと思います。
魅力なのはこれだけではありませんのでご紹介したいと思います!


-プリザーブドフラワーは安心して飾れます!-

プリザーブドフラワーは安全性が高いので、安心してお部屋などに飾ることが出来ます。
また、お花が好きなのにアレルギーで飾ることが出来ないといった方にもおすすめです!
手入れが簡単ですのでお見舞いの時にも良いかと思います。
何かお部屋のアクセントにしたり、プレゼントを作る際に活用してみるのも良いかと思います!


-保存性に優れているから大丈夫!-

美しい状態を長く保たせることが出来ますので、頼める時間が長くて良いかと思います。
ここで注意していただきたいのがお水を与えないようにすることです。
お水を与えてしまいますと脱色してしまう原因に繋がってしまいますので、キッチン周りに置くのは避けた方がよろしいかと思います!
他にも直射日光をさけたりすることも忘れず頭の中に入れておいていただけたらと思います。

プリザーブドフラワーは飲食店に飾るのもオススメ

 - by voadmin

プリザーブドフラワーはどんな場所やお店にもオススメできる凄いお花なのです。
テーブルやカウンターにお花を飾っているお店にも、というより、そういうお店にこそ知っていただきたい!


プリザーブドフラワーは飲食店でも安心

飲食店に限ったことではありませんが、お店に飾るお花というのは、その鮮度がかなり重要ですよね。せっかく飾ったはいいけど、枯れてしまっては、逆に飾っていない方がいくらか印象が良いのではないかという事態に陥ってしまいがちです。
かといって、お花もそう安いものではないので、ギリギリまで飾っておきたいというお店側の気持ちも分かります。
が、プリザーブドフラワーならそんな問題もズバッと解決してくれます。


枯れない、世話も要らない、造花ではない

まずプリザーブドフラワーは、3年くらいは枯れません。ものによっては5年、7年と咲いています。商品の1つ1つは生花よりも高く見えるかもしれませんが、3年分の生花代を考えれば、くらべものにならないくらいお安いですよね。
そして、特殊加工を施しているので、生花とは真逆で、お水と日光が苦手です。ですが、造花ではありませんので、「造花を飾るなんてケチな店だな」と思われる心配もありません。

お誕生日のプレゼントにプリザーブドフラワー

 - by voadmin

プリザーブドフラワーはお誕生日のプレゼントにオススメです。
長年付き合っている恋人やご夫婦の場合、「もはや誕生日祝いにあげるプレゼントのネタが尽きた」という問題を抱えるところも多いのではないでしょうか?
そんな時にまさにオススメなのです。


プリザーブドフラワーは、色んな意味でちょうどいい

男性の場合、彼女や奥様にお花をプレゼントしようと思っても、お店で買ってから持って帰るまでが何となく気恥ずかしいという問題が出てきますよね。しかもお花だと隠しておけないので、サプライズプレゼントには出来ないという追加問題まであります。
しかしプリザーブドフラワーならインターネットで注文し、会社側がOKなら会社に郵送してもらえれば、お店で直接買う恥ずかしさはなくてすみますし、段ボールに入れてくれるので、持って帰る時も問題ないですし、彼女や奥様に中身を知られずに持ち運びできます。
そして、お祝いにお花というのは定番ですが、プリザーブドフラワーなら「ただのありきたりなプレゼントではない」というアピールにもなります。


お友達などにもピッタリ

また、20代~30代くらいの方なら1人暮らしの方も多いでしょう。1人暮らしのお友達の家に、花瓶があるとは限らないですよね。むしろ持っていない人の方が圧倒的に多いでしょう。
そんな時にもプリザーブドフラワーが大活躍。お水をあげる必要もなく、お日様にあてる必要もないので、仕事で忙しい1人暮らしのお友達への贈り物として最適なのです。

プリザーブドフラワーは自分でも作れる?

 - by voadmin

実はプリザーブドフラワーは自分で作ることが出来るのだそうです!
例えば自分の好きなお花が見つからなかった、または好きなお花はあるんだけれども色が無かったといった時にはご自分で作るのが良いかもしれません。
少々大変かもしれませんが、それも楽しみの一つなのではないかと思います!
準備するものがありますので、まずはそれをそろえてからになりますね!


プリザーブドフラワーを作るには?

プリザーブドフラワーを作るにはまず、アルコール溶液やグリセリンといったものが必要になってきます。
順番としては最初に脱水・脱色をして着色をし乾燥といった感じになります。
詳しい方法についてはネットなどにいくつか掲載されていますのでそちらを参考にしながら作られるのが良いかと思います。
写真を掲載しながら説明して下さっているところもありますので、ぜひ検索をしてみて下さいね!


自分で作る楽しさを!

例え失敗をしてしまっても作る工程も楽しめたらよいですよね!
上手くいったときはその喜びも大きくあるかと思いますが失敗してもそれは次につながると思えばきっとうまくいきますし、着色をしたりするのも楽しいかと思います!
自分好みのプリザーブドフラワーをぜひ作っていただけたらと思います!

プリザーブドフラワーを他の人にも教えてあげよう!

 - by voadmin

最近では、永年保つことのできる枯れないお花であるプリザーブドフラワーが人気だそうです。
やはり枯れないですし水遣りの手間も省けますので、ご家庭や贈り物として選ばれているそうですよ。
ご自分だけではなくて他の方にもこんなお花があるんだよ!と教えたくなりますよね。
友人などと一緒に共有するのも楽しくて良いかと思います。


プリザーブドフラワーの取り扱い方について

プリザーブドフラワーの取り扱いについてなのですが、決してお水は与えないようにして下さいね。
また、とてもデリケートですので生花と同じよう丁寧に取り扱うようにしていただければと思います。
やはり保存の仕方が悪かったりしますとその分早くダメになってしまうことがありますのでその点に気を付けていただければと思います!


どんな種類があるのか知りたい!

プリザーブドフラワーにはどんな種類のお花があるのか知りたいですよね。
種類としては、バラやカーネーション・アジサイ・カスミソウなど色々なものがあるそうですので購入の際には前もってお調べになるのが良いかと思います。
色々なお花がありますので選ぶのも楽しいのではないかと思います!
皆さんもお好きなお花が見つかりますように!

プリザーブドフラワーってどう選べばいい?

 - by voadmin

プリザーブドフラワーといっても、一見するとごく普通のお花となんら変わりません。ただし、造花とは異なり、お花自体は生花を使っています。当然、同じ品種のお花でも1輪1輪に違いが出ます。商品が届いてから「あれ?何か写真と印象が違う」という風にならないように、事前に確認しておきましょう。


プリザーブドフラワーとは生花であることを把握しよう

最も肝心なポイントは今言った通り、「プリザーブドフラワーは生花を使っている」というところです。いわゆるナマモノなのですね。
さらにプリザーブドフラワーは特殊加工を施しているので、一度、花びらを全て剥がし、それを特殊な「のり」で貼り付けて、お花を大きく見せるアレンジメントも可能となっています。


確認すべきポイントは?

このお花を大きく見せる技術は、プリザーブドフラワー業界ではごく普通のアレンジです。ですがお店によっては、ホームページ用の写真撮影の時だけ、お花を大きく見せるアレンジを施し、実際の商品は素の状態で発送するということをしている場合があります。
もちろんお店側も商売ですから、見栄えの良いものを宣伝に使うこと自体は普通ですが、ネット注文などをする場合は、実物を見て確認できないので不安もありますよね。
親切なお店では注意書きなどで、写真と実物が異なることを明記してくれますが、ない場合は、お店に電話して聞いてみると良いでしょう。