Month: 4月 2014

プリザーブドフラワーの歴史とフラワー業界への影響

 - by voadmin

生花ならではの質感、色の鮮やかさなどを長期間、楽しめるように考えられたのがプリザーブドフラワー。その歴史はまだ浅くこの技術はフランスのヴェルモット社で数年にわたり研究され開発されたものです。花の美しさをいつまでも楽しみたいと思う方や、花を扱う仕事をされている人たちには欠かせないものになっています。


<パリジャンヌたちの中でその花は生まれた>

花が好きな方はその花の美しさをいつまでも持続させたいと思います。ですが生花は時間がたてばその鮮やかな色や質感はかわり枯れてしまいます。いつまでもその美しさをとどめておきたいと1970年代にフランスのヴェルモント社とブリュセル大学の共同研究により開発された特許保存技術を発表し、生花の質感や色を鮮やかにとどめるプリザーブドフラワーが開発されました。


<生花より美しい花>

花を扱う仕事をされている方にとっては、いかに花の美しさを表現するか、またその美しさをいつまでもお客様に見ていただきたいという思いがある中、枯れない花と言われるプリザーブドフラワーの存在はなくてはならいものになっており、有名なフラワーデザイナーが手掛けるプリザーブドフラワーの作品が広まりフラワー業界に多大な影響を与えている

プリザーブドフラワーでガーデニングを

 - by voadmin

皆さんはプリザーブドフラワーを知っていますか?
特殊な保存加工技術を用いているお花なので、永年保つことができるようになっています。
ですから、お花を育てるのが苦手だという人やお花が好きだという人にはおすすめですよ。
管理をするのが楽なので、ガーデニングのように楽しむことも出来てすごくいいと思います。


-プリザーブドフラワーの取り扱い方-

プリザーブドフラワーはお水を与えてはいけないことになっています。
その理由は、お水を与えてしまうと脱色してしまうからだと言われているためです。
なので、キッチンなどの水回りや湿気の多い場所に飾るのはやめた方がいいでしょう。
直射日光にも弱いので、日陰に置いてあげるようにしてあげるのがいいですよ。
何か透明なケースに入れて保管してあげると、さらに美しいまま保つことが出来るらしいので、ぜひそうしてみては?


-置き型だけじゃない-

プリザーブドフラワーは置き型やブーケ型だけではないんです。
他にもリース型やキャンドル型というのもありますから、その用途に合わせて選ぶことが出来るようになっています。
置く場所がない人は壁にかけるリース型を、リースをかけられないのならさらに小さなキャンドル型を。
キャンドルだったら、お風呂上りに灯すだけでリラックス効果を得ることが出来るので、女性にはおすすめです。